• diamondhake

「フランコ・バッシ/FRANCO BASSI」の真面目なネクタイの魅力とは?

最終更新: 3月19日


出典:facebook.com

出典:facebook.com

フランコ・バッシは、1973年にフランコ・バッシ氏がイタリア北西部の街コモで設立した真面目なブランドです。

コモは世界的にもシルクの生産地として有名な街です。

創業当初は3人の職人のみでスタートしたブランドですが、品質の高さが認められ、イタリア国内のみならずヨーロッパ全土に人気が拡大していきました。

現在はスタッフの数も20名ほどにまで増え、世界的に知られるブランドへと成長し、「バーグドルフ・グッドマン」や「バーニーズ・ニューヨーク」などの有名な専門店でも扱われるようになりました。

今や、フランコバッシのコレクションは世界中の有名ショップやブティックにて販売されており、その割合は約50%がイタリア、約20%がヨーロッパ、残りの約 30%が日本を始めとするアジア、そして米国です。

出典:instagram.com

フランコ・バッシは現在でもファミリー経営を続けています。

創業者のフランコ・バッシ氏の息子であるチェザーレと娘のフランチェスカが経営にあたっており、フランコバッシのネクタイは、デザインから完成した製品まで、あらゆる面で高品質を保っています。

チェザーレ氏は父親から学んだデザインやカラーリングなどを継承しつつ、2世代にわたるアーカイブと経験を存分に生かしています。チェザーレ氏は研究熱心で、100年以上前のコモの資料を掘り起こして新作コレクションにも活かしています。

ちなみに、フランコ・バッシのシグニチャー・カラーはアズーロ・エ・マローネです。やはりイタリアン・ブランドですね。

かつて3人の職人でスタートしたフランコバッシですが、現在の生産量は年間にネクタイを20万本、スカーフ2万枚を生産するまでに成長しました。

これほど多くの製品を生産しているにもかかわらず、創業当時と変わらない物づくりの姿勢を貫いているのは、職人に対する敬意を変わらず持ち続けているからでしょう。

現在も縫製はすべてイタリアのコモで行なわれています。

ネクタイの生地も最高品質で、特にシルクのジャカード織りのネクタイは低速の織機で作られる生地を採用しています。

現在主流のコンピューター式高速織機ではなく、回転の遅い旧式の低速織機を使うことで、糸の打ち込みがしっかりしたジャカード生地を作ることができるのです。

出典:instagram.com

出典:facebook.com

手裁断と手縫製を維持しながらも、時代の空気を取り入れるファッションセンスの高さは特筆すべきことです。

毎シーズン、約300種類ものデザインを発表し、冬はウールとカシミヤ、夏はシルクやリネンなど素材にこだわったネクタイ作りを手がけています。

フランコ・バッシがもっとも得意とするのは、どこか懐かしいヴィンテージ感が漂う素材の提案でしょう。シーズン毎に、レトロなペイズリー柄や小紋柄を現代的にアレンジして新鮮な驚きを見せてくれます。

近年はクラシック回帰の傾向が強くなっていますので、フランコ・バッシのような北イタリアの真面目なネクタイは多くの人に好まれていますね。

トレンドを意識したマーケティングも巧みで、数多くのセレクトショップの別注にも応じる柔軟性はさすがです。

時には、英国の老舗織り元であるヴァナーズ社のヘビーオンスシルクやツィード生地を採用したり、京都の西陣織りを使用したこともあり、新しいスタイルの提案も積極的に行なっています。

出典:facebook.com

世界のトレンドを牽引するイタリアにあって、オーセンティックな北イタリアで創業したフランコ・バッシは、クラシックとトレンドの両立を見事に実現しています。

加えて、フランコ・バッシが持つ優れた特徴の1つが、MTM(メイド・トゥ・メジャー)の採用です。

多くのブランドが日本でも、定期的に百貨店でトランク・ショーを開催しますが、フランコ・バッシはオンライン・ショップにて常時オーダーを受け付けています。

選べるのはネクタイの生地の柄、イニシャル刺繍、裏地と縫い糸の色、ネクタイの長さと幅です。

生地の柄は、クローバーなどのワンポイント刺繍柄やドット柄、ストライプ、小紋柄、ソリッドなど全88種類です。

また、ネクタイの大剣幅は6センチ~9センチまで1センチごとに4種類選べます。ネクタイの長さは144センチ~152センチまでの4種類。

さらに、裏地の色は9種類から選べて、最大3文字までのイニシャル刺繍を施すことができます。(2017年7月現在)

オーダーしたオリジナル・ネクタイの納期は3週間~4週間です。

こうした顧客のリクエストに柔軟に応えることができる理由は、フランコ・バッシが徹底したクオリティの維持と世界トップレベルの縫製技術を持ち、安定した品質管理と無駄のない物流システムを真面目に作り上げているからでしょう。

フランコ・バッシのこの真面目なモノづくりこそ、ブランドの最大の魅力です。

出典:公式サイトのキャプチャ画像

出典:facebook.com

ブランドのインスピレーションとポリシーは創業以来変わっていません。

絶え間なく変化する顧客のニーズにエレガントに応え、トレンドを意識した新鮮な提案をも怠らない姿勢は傑出したものがあります。

長年に渡ってイタリア国内で高い評価を維持しているフランコ・バッシは、今後ますます注目を集めていくことでしょう。

日本ではセレクトショップのビームスが多く取り扱っていますので、比較的に入手しやすいブランドです。

フランコ・バッシのネクタイはセミボトル型でネック部分が細い2.8mmに設定されています。小さく美しいノットを作りたい人におすすめです。タブカラーやピンホールのシャツとの相性もいいでしょう。

イタリア高級ハンドメイドの真面目なネクタイブランド、フランコ・バッシ。

北イタリア的な王道クラシックと、自分だけのオリジナリティが欲しい真面目な人におすすめのブランドです。

Franco Bassi公式サイト

http://www.francobassi.com/content/franco-bassi-collection

Franco Bassi公式フェイスブック

https://www.facebook.com/francobassi.mensaccessories/

Franco Bassi公式ピンタレスト

https://www.pinterest.jp/bassiaccessori/

Franco Bassi公式インスタグラム

https://www.instagram.com/explore/tags/bassiworld/

DIAMOND HAKE公式オンライン・ショップ

https://www.diamondhaketie.com/shop


#イタリア #ブランド #ネクタイ

0回の閲覧

3-10-5 ​Kikuna, Kouhoku, Yokohama, Kanagawa, Japan +81[0]50-5317-2037

0