• diamondhake

【Q&A】英国王室が教えるディナージャケットの着こなし術【まとめ】

最終更新: 3月19日


ディナージャケットとは、夜の略礼服のことで別の名称はタキシードです。ヨーロッパでは他にもスモーキングと呼ばれたりします。

賢いディナージャケットの選び方や、合わせるシャツの種類や蝶ネクタイの間違いない選び方を英国のロイヤル・ファミリーから学んでみましょう。

なぜ英国王室を参考にディナージャケットの着こなしを学ぶと良いのでしょうか?

それは紳士服の規範は英国流が正統とされているからであり、中でも英国王室は歴史上、紳士服のルールであり続けているからです。

英国のロイヤル・ファミリーはディナージャケットをどのように着こなしているのでしょうか?

ポイントごとにQ&Aでまとめてみましょう。

まずはディナージャケットの形から。

Q.ピークド・ラペルとショールカラー、どちらを選ぶのが英国流?

A.ロイヤル・ファミリーで愛用者が多いのはピークド・ラペル

出典:royalisticism.blogspot.com

ヨーク公爵アンドルー王子はピークド・ラペルを愛用しています。

ヨーク公はエリザベス2世女王の第三子でウェールズ公の弟。

王族の中ではピークド・ラペルが多い中で、ショールカラーを着こなしているのがマイケル・オブ・ケント王子です。

出典:royal.uk

マイケル・オブ・ケント王子はエリザベス2世女王の従弟です。現在のロイヤル・ファミリーのなかで最もドレッシーで洒脱なセンスだと高く評価されることもあります。

Q.シングル・ブレスト?それともダブル・ブレスト?

A.王族はダブル・ブレストを着用する機会の方が多いです

出典:nickverrreos.blogspot.com

ケンブリッジ公ウィリアム王子をはじめ、ダブル・ブレストのディナージャケット着用が圧倒的に多いです。

続いてシャツの種類のQ&A

Q.シャツの襟はやっぱりウィングカラーが正解?

A.英国ロイヤル・ファミリーはワイドスプレッドです。

 ウィングカラーのシャツは着ません

出典:dailymail.co.uk

ウェールズ公チャールズ(チャールズ皇太子)を筆頭に、ロイヤル・ファミリーはディナージャケットにはワイドスプレッドのシャツを合わせます。

意外に思われるかもしれませんが、英国人はディナージャケットにウィングカラー・シャツをコーディネートしません。ジェームズ・ボンドもディナージャケットにはワイドスプレッドのシャツを着ます。

日本では「フォーマルなシャツは絶対ウィングカラー」という情報が広まっていますが、日本の結婚式場のスタッフや紳士服店員が教えるフォーマル知識は偏っていますので…。メディアも同様ですね。注意しましょう。

Q.シャツはプリーツ付き?プリーツ無し?

A.プリーツ無しが英国王室流の着こなしです

出典:dailymail.co.uk

エリザベス2世女王の夫、エディンバラ公フィリップ王配もプリーツ無しのシャツです。

「タキシードにはプリーツ有りのイカ胸シャツを!」とウェディング業界は喧伝していますが、彼らは特別なシャツ(値段的な意味で)を売りたいだけです。普通の白シャツで問題ありません。

Q.シャツのボタンはスタッズ・ボタンでないといけませんか?

A.スタッズ・ボタンを付けるかどうかはお好みで選べます

出典:pinterest.com

ウェセックス伯爵エドワード王子のようにスタッズ・ボタンを使用することも可能です。

出典:tumblr.com

ヘンリー・オブ・ウェールズ王子(ハリー王子)のように白蝶貝のボタンのシャツを着用することもできます。

蝶ネクタイについてのQ&A

Q.蝶ネクタイ(ブラックタイ)の形はどの種類を選ぶべき?

A.バタフライが英国王室流です

出典:gettyimages.co.jp

ディナージャケット着用時の蝶ネクタイは例外なくブラックタイで、タイの形は最もフォーマルなバタフライが正解です。

Q.ディナージャケットに合わせる靴はなにが良い?

A.やはりオペラパンプスが良いでしょう

出典:zimbio.com

チャールズ皇太子のオペラパンプスは長年履きこんだビスポーク・シューズです。何度も修理しながら大事に履くのがチャールズ皇太子のこだわりです。

ディナージャケットにはオペラパンプスで間違いないのですが、マイケル・オブ・ケント王子のように遊びを入れることもできます。

出典:gettyimages.co.jp

こうしてまとめてみると、案外、私たちが知っているタキシードのルールはいい加減だと分かりますね。

礼装を着るときに大切なのはルールではなくて相手を重んじることです。独りよがりのルールを振りかざしていると嫌な顔をされるだけです。

英国王室から学べるディナージャケットの着こなしとは、礼を尽くすこと。そして華やかな雰囲気を作るために貢献することです。

それでは最後に、紹介しきれなかった英国ロイヤル・ファミリーによる、ディナージャケットの着こなしをご覧ください。

正統派クラシックな手結びボウタイの購入なら、

DIAMOND HAKEのオンラインショップへどうぞ。

https://www.diamondhaketie.com/shop

#蝶ネクタイ #結婚式 #コーディネート #タキシード #英国

0回の閲覧

3-10-5 ​Kikuna, Kouhoku, Yokohama, Kanagawa, Japan +81[0]50-5317-2037

0